私たちはふくしまの皆様に元気エネルギーを供給します。

株式会社アポロガス

アポロしあわせ基金

ホーム > アポロしあわせ基金

アポロおもうこころプロジェクトについて

アポロガスでは、福島に住む子どもたちに笑顔を届けることを目的にアポロおもうこころプロジェクトを行っております。
この活動では、アポロしあわせ基金を設け、子どもたちのいる施設へ遊具などの寄付を行ったり、「こころの温かさ」というテーマで詩、短歌、俳句を募集しこころの幻燈会という寄稿集を作成したり、県内外の方から福島の子どもたちへ寄せられたお菓子などをお配りする、わらしべプロジェクトという活動を行っております。

アポロしあわせ基金

アポロガスでは、「アポロしあわせ基金」を設立し子どもたちの笑顔に繋がる活動を応援しています。2011年11月11日には、アポロガス元気エネルギー供給事業部より、「こころの幻燈会」という寄稿集を発売しました。この本は、福島県内に住む方から「こころのあたたかさ」というテーマで詩、短歌、俳句を募集しました。 「こころの幻燈会」売上の益金は、全て「アポロしあわせ基金」を通して子どもたちの笑顔に繋がる活動に役立てて行きます。アポロしあわせ基金から、福島市内の幼稚園、保育所等に寄付させて頂いており、「放射能で外で遊べなくなった子どもたちが室内で体力作りできる遊具が欲しい!」、「除染の為に撤去した屋外遊具を新設したい!」との声にアポロしあわせ基金を活用しております。

福島県立福島高校

福島県立福島高校

(放射線・原発関連書籍85冊)
「福島の未来を担う高校生へ」
福島の復興を主体的にやっていくのは、やはり今福島に住んでいる若い人たちです。そのためにも放射線についての知識をつけ学ぶことは大切なこと。そして全国からの支援が、本という形になり「みんなが福島を応援してくれている」ことが伝わり、それはこれからのk若い人たちの復興へのエネルギーとなることを確信して贈呈しました。また福島高校生がキャンドルナイトの時に、“FUKUSHIMA FILLED WITH LOVE”という英語のメッセージを考えてくれて、キャンドルの灯で全世界へ発信してくれました。(アポロしあわせ基金 代表 篠木雄司)

エミール幼児園

エミール幼児園

(剣道着10着)
年中さん、年長さんが剣道を行っており、今回10着剣道着を購入致しました。
最近の子どもたちは、礼儀作法がわからない子どもが多いので、日本人としての礼儀作法を剣道を通じて覚えさせること、また、剣道を通して、正義感を持たせたいと思っております。

きらり保育園

きらり保育園

(人形、ブランコ、吊り輪)
女の子に、赤ちゃんの人形で遊んで、女の子らしく成長して欲しいと思っていましたが、高価なものなのでなかなか購入できずにいました。男の子も女の子も放射能で外で遊べない分、室内で思い切り遊べる遊具が欲しいと思っていましたので、人形と室内で遊べるブランコ、吊り輪を購入しました。

福島こひつじ幼稚園

福島こひつじ幼稚園

(タイコ橋ネット)
放射能で汚染されたタイコ橋ネットとすべり台の登り口ネットを交換して頂きましたので、こども達を安心して外で遊ばせることが出来て大変助けられました。この様な事業をおこして下さった皆様にこころよりこども達にかわりましてお礼申し上げます。有難うございました。きっと体力がついてくることと思われます。

さくらんぼ保育園

さくらんぼ保育園

(鉄棒)
外で遊ぶことができないので、寄付金で室内用の鉄棒を購入しました。子どもたちが楽しみながら体力作りをすることができています。外の遊具にも鉄棒はなかったので、逆上がりや前上がりをする練習になって助かっています。

サンフラワー保育園

サンフラワー保育園

(組み立て式室内遊具)
部屋がせまいので、使いたいときに使える組み立て式の遊具が欲しいと思っていました。外では、なかなか遊ばせることができないので、室内でジャングルジムのようなことができて助かっています。子ども達も大喜びで時間を分けて小さい子から大きい子まで遊んでいます。

たんぽぽ保育園

たんぽぽ保育園

(絵本104冊)
この度の寄付金ありがとうございました。たんぽぽ保育園では、放射能の心配で戸外活動が制限されている時、カメヤマキャンドルハウスさんからの温かいご寄付で子どもたちの大好きな「絵本」を購入させていただきました。
たくさんの絵本に子どもたちは大喜びです。

みやしろワーク

みやしろワーク

(空気洗浄機)
今回、カメヤマキャンドルハウスさんからの寄付金により、空気清浄機を設置することができまして、誠に有難うございます。
お陰様で、花粉症に悩まされることもなく、またウィルス等を除去することもできるので、風邪予防にもなり、健康管理が維持でき、快適な毎日を過ごすことができます。私達の障がい者支援センターにとって「宝物」になりました。
これから、利用者職員みんなで大切に使わせていただきます。本当に有難うございました。

医大分校

医大分校1

医大分校2

1)スチール書架
図書コーナーの本を、項目ごとに分類し保管することができたので、児童生徒が本を選びやすい。

2)折りたたみいす用台車
折りたたみいすを整然と収納することができたので、限りあるスペースを有効に活用して児童生徒が活動できる。

3)小太鼓スタンド
小太鼓を安定して設置することができるので、児童生徒が小太鼓を安全に演奏することができる。

4)図鑑、DVD、標本
医大分校の子どもたちの多くは、外に出て活動することが制限されていることから、児童生徒の理解を深めるために視覚情報として活用できる。

恵泉幼稚園

恵泉幼稚園

(タッチセンスキューブ、タッチビルドキューブ)
今までは、外で遊ぶ子どもと中で遊ぶ子どもに分散していましたが、放射能で外で遊べず室内で遊ぶようになりました。しかし遊具は高価でなかなか購入することができませんでした。子どもたちは、今回購入したような組み立てができるものが好きなので、大変喜んでおります。

最高ベースボールスクール

最高ベースボールスクール

(遠征費)
この度は最高ベースボールスクールへ多大なるご寄付誠にありがとうございます。
最高ベースボールスクール一同、感謝しております。ご寄付は練習試合、大会などの遠征費として使わせていただきます。

託児所小さなスプーン

託児所小さなスプーン

(マット、CD)
放射能で外で遊ぶことができなくなったので、室内で運動ができるようにマットを購入しました。マットは温かく暖房効果もあります。また、いろいろな色のマットがあるので、子どもたちが「赤がいい!」など言いながらマットの上に座って喜んでいます。マットの他にこども向けのCDも購入しました。

大笹生養護学校

大笹生養護学校

(和太鼓)
太鼓は生命の躍動感を引き出し、うまく言葉を発することができず歌を歌うことができない子どもでも、楽器を演奏することができ、落ち着かない子どもも先生を見て太鼓をたたくので集中力に繋がります。太鼓は誰でも叩けば音が出るので、大変いい教材になります。しかし、高価なものなので、毎年購入することはできないので大変助かりました。

福島県立盲学校

福島県立盲学校

(理科教材、視聴覚機器等)
細胞分裂の様子がわかる模型を購入しました。この教材を使用することによって、触って細胞分裂の様子を勉強することができます。その他に押しやすく使いやすいCDプレーヤーを購入しました。これらは、需要が少ない分高価なので、大変助かりました。

福島エンジェルス

福島エンジェルス

(寄付金は遠征費及び室内練習費として)
私たちのチームは、小学1年生から5年生12名で活動しているジュニアの女子ソフトボールチームです。
活動場所の渡利地区は市内でも放射能数値が高い場所ですが、みんな大好きなソフトボールの練習に励んでいます。カメヤマキャンドルハウスさんからの寄付を遠征費や室内練習費にさせて頂き、昨年よりも多く勝てるようにがんばります。

聾学校福島分校

聾学校福島分校

(ブックスタンド、おもちゃ)
生まれつき耳が不自由でも訓練をするとある程度音が聞こえるようになります。そこで、聾学校では、遊びながら訓練ができるようにおもちゃを使用します。訓練である程度音が聞こえるようになっても普通の人よりは耳から得られる情報が少なくなります。なので、本などで情報収集する必要があります。今回購入させて頂くブックスタンドは、表紙が見えるように並べることができるので、子どもたちが本に興味を持ち読む習慣を身に着ける手助けになります。

こじか「子どもの家」

こじか「子どもの家」

(おかいものカートMK、すなっ子バスケット)
鉄棒やブランコなど放射能が高く撤去しました。外で遊べる遊具がなくなってしまったので、今回、砂遊びができるおままごとセットを購入させて頂きました。

ふくしまめばえ幼稚園

ふくしまめばえ幼稚園

(大型絵本)
大型絵本を購入致しました。
室内遊びが多い子どもにとって、みんなで面白さを共有できる絵本が記念になると思い選択しました。5冊の絵本を、3,4,5歳児、各年齢の発達に合わせて喜ぶ内容の絵本にしました。単純な内容で、見てわかるもの。文や擬音を楽しめる本を読み聞かせかました。真新しい絵本に触れて、子どもたちは次のページはどうなっているのかと目を倍に広げて見入っていました。「もこ、もこもこ」と絵本に合わせて言ったり、変身トンネルでは何回も同じ言葉を話していると逆さ言葉になる面白さを友だちと笑い合ったりしています。絵本は繰り返し楽しめる事、一人よりも友だちと読むとおもしろいこと、読み込んでいくと楽しみが変わること。子どもたちも実感しているようです。幸い、めばえ幼稚園は広い部屋があり、外に行けない分のフォローをしてきたので心も体も元気に過ごしていますが、皆様のご厚意に支えられより一層元気に幼稚園生活を過ごすことが出来ます。

福島養護学校

福島養護学校

(液晶テレビ、テレビ台、液晶ガード、BDプレイヤー、ケーブル)
福島養護学校へテレビを贈ってくださり、ありがとうございました。先日の交通教室では、全校生が時間を区切って、頂いたテレビで、自転車の乗り方や道路の歩き方についてビデオを見ました。きれいな画面でビデオの内容がよくわかりました。これからも、小学部から高等部までの生徒がテレビを利用し、一生懸命に学習していきます。

さくらみなみ保育園

(絵本)
さくらみなみ保育園では、寄り道図書館を設け、毎日本を家に借りて帰り、自宅で本を読む習慣をつけています。今回、絵本を寄付して頂き、寄り道図書館の本がたくさん増えました。子どもたちも大変喜んでおります。

さくらんぼ森合保育園、さくらんぼ野田保育園

(紙芝居)
さくらみなみ保育園では、寄り道図書館を設け、毎日本を家に借りて帰り、自宅で本を読む習慣をつけています。今回、絵本を寄付して頂き、寄り道図書館の本がたくさん増えました。子どもたちも大変喜んでおります。

ふくしま南幼稚園

(竹馬・ジャンピング)
竹馬とジャンピングを購入しました。ちょうど誕生日会の日に届いたので、うれしさが倍になりました。室内でバランスがうまくとれるように挑戦します。南幼稚園は、元気・勇気・挑戦・本気の言葉が大好きです。だから、今度は竹馬・ジャンピングに挑戦してみます。できたら笑顔だね!

ぼなみ保育園

(紙芝居)
お誕生日会、子育て支援など行事を行うときに絵本を読んでおります。みんな大好きな絵本なので、喜んでおります。

大笹生養護学校

(絵手紙セット)
授業ではもちろん、美術部の活動の際に使用しております。四季折々のものを描いたり、今年は年賀状も絵手紙で作成しました。

福島工業高校

(参考書)
電気主任技術者試験や実用英語検定などの参考書55冊を頂きました。資格取得のために大切に使いたいです。

たんぽぽ第二保育園

(おんぶひも)
震災があり、何かあったときにすぐ逃げられるようにすることが必要だと感じておりました。
そこで、避難が必要になったときにすぐ子どもたちを連れて逃げることができるおんぶひもを購入しました。

鳥谷野保育園

(ジョイント平均台)
イスにもなる平均台を購入しました。カラフルな遊具に子どもたちも大喜びです。

ちゅうりっぷ保育園

(サバイバルシート、防災用ヘルメット、ランプ)
サバイバルシート、防災用ヘルメット、非常時でも使えるランプを購入しました。各クラスにそれぞれを常備して震災に備えています。

みなさまからの温かい気持ち

12/19にMAXふくしま3F、アポロエナジーでジェルジェムをプレゼントするイベントを行った際に来場したお子さまが後日、アポロエナジーまで社長の似顔絵入りのお手紙を届けてくださいました。

お手紙紹介

テレビCM絶賛放映中!

»過去のテレビCMをご紹介!

アポログループ

  • 株式会社 アポロガス
  • ほっとリビング
  • アポロエナジー
  • アレックス
  • ふくしまハイドロサプライ株式会社
  • フェニーチェほっとリビング
  • ふくしま新電力
  • FUKUSHIMA SOLAR FARM
  • APOLLO UNIVERSITY
  • アポロひかり

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

株式会社 アポロガス
株式会社 アポロガス
〒960-0201
福島県福島市飯坂町字八景6-17

024-542-1122
024-542-7754

メールでお問い合わせ